北海道産,/hogan1943764.html,7000円,テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ,小分け,食品 , 魚介類・水産加工品 , 魚卵 , イクラ・筋子 , 醤油イクラ,hagotupowerpoint.cl,いくら,【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶) 北海道産,/hogan1943764.html,7000円,テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ,小分け,食品 , 魚介類・水産加工品 , 魚卵 , イクラ・筋子 , 醤油イクラ,hagotupowerpoint.cl,いくら,【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶) 7000円 テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ いくら 北海道産 小分け 【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶) 食品 魚介類・水産加工品 魚卵 イクラ・筋子 醤油イクラ 7000円 テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ いくら 北海道産 小分け 【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶) 食品 魚介類・水産加工品 魚卵 イクラ・筋子 醤油イクラ テレビでも紹介 当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み 旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品 アツアツのご飯とともに イクラ いくら 小分け 北海道産 北海道産いくら醤油漬セット 70g×3瓶 ふるさと納税 売り込み テレビでも紹介 当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み 旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品 アツアツのご飯とともに イクラ いくら 小分け 北海道産 北海道産いくら醤油漬セット 70g×3瓶 ふるさと納税 売り込み

テレビでも紹介 当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み 旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品 アツアツのご飯とともに イクラ いくら 小分け 初回限定 北海道産 北海道産いくら醤油漬セット 70g×3瓶 ふるさと納税 売り込み

テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ いくら 北海道産 小分け 【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶)

7000円

テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ いくら 北海道産 小分け 【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶)







『プチプチな食感がたまらない!』

オホーツク海の知床及び網走の鮭を使用!
プチプチな食感と、
まろやかな味わいと磯野風味が口の中に広がります。
魚卵独自の旨味を損なわないよう、
塩水による洗浄を採用し、
徹底した衛生・殺菌環境が整備された
最新設備の魚卵工場で製造加工しています。

いくら本来の味を生かすために
味が濃くなりすぎないよう、
漬け込み時間等調整しており、
独自にブレンドした調味液に丹念に付け込んだ
自慢の味わいは格別で、
地元だけでなく、
全国各地から親しまれ喜ばれている逸品です。
70g×3瓶と小分けにする事で、
食べたい分だけ食べられるので保存も便利です。

※画像はイメージです。
※保存方法:要冷凍。
 開封後は冷蔵庫(10℃以下)にて保存し、
賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。
※解凍方法:前夜から冷蔵庫内で自然解凍していただくことをお勧めします。
時間はかかりますが、
卵の旨味成分の流出が最小限に抑えられ、
より美味しくお召し上がりいただけます。

配送入金確認後30営業日以内に発送
内容量北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶)
原材料鮭卵(イクラ)
消費・賞味期限製造日より冷凍保存で365日
発送方法冷凍
提供元網走水産株式会社
・ふるさと納税よくある質問
・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。

テレビでも紹介!当店自慢の漬けだれでじっくり漬け込み、旨味を凝縮した色鮮やかで濃厚な味わいの一品。アツアツのご飯とともに!イクラ いくら 北海道産 小分け 【ふるさと納税】北海道産いくら醤油漬セット(70g×3瓶)

P+D MAGAZINEは書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも提供するサイトです。
書店で偶然読みたい本を見つけるように、P+D MAGAZINEで素敵な本との出会いを体験してみてください。

△ 本との偶然の出会いをWEB上でも | P+D MAGAZINE TOPへ